教育費の積立

学資保険の種類と仕組み

学資保険というのは簡単にいうと、高校、大学に進むにあたって教育費を予め積み立てて受け取る制度のことです。
正しく貯蓄する事で安心したお金が受け取れる保険です。

学資保険の代表としてはソニー生命、アメリカンファミリー(通称アフラック)が貯蓄率はとても良いとされています。
ですが、仕組みとして重要になってきますが、貯蓄率ばかり優先をすることもいけないです。
肝心の契約者(つまり両親のどちらか)の保障がないプランも混同されているので、返戻率だけで決定しないようにしましょう。

また種類としては、月払いより、年間一括支払いがお得な場合もあります。
ですが、注意としては解約すると保険料が大幅にカットされるというリスクもあります。
一概に全てが良いとはいえません。
気をつけましょう。
種類や会社でいえば、日本生命、ゆうちょ銀行、郵便局、等が有名です。
また保障充実型や満期完了型と沢山のプランが存在しているので正しく判断してください。
保険の他にも株式投資といった資産運用もありますが、長所短所はあります。
最近は、ネットでの株取引を利用したデイトレードが有名ですが、中長期で株の動向を読み、売買することが大切なのです。

なぜこのような学資保険というしくみがあるというと、子供の将来を守るためです。
10数年間子供の為に費用を貯蓄できるのであれば宜しいかと思いますが、そんな人は中々いません。
必ずあれば使ってしまうのが人間の性です。
将来子供が進路を選んでいく際に奨学金という制度もありますが、それだけでは夢や希望を叶えることが難しいという事もあります。(奨学金を受けるにも基準があります)

また、親がに何かあった際に誰が子供の将来を守ってくれますか?
わたしはそのために保険や遺言書の書き方について勉強しました。
学資保険を上手く活用すれば、死亡や重度障害の際には支払わなくてもいいプランもあります。
医療保障とセットのものもありますので万が一も安心です。

保険=何もなければ無駄というような風潮がありますが、学資保険はそうとも言い切れません。
必ず満期になれば受け取れます。(プランやタイプによります。子供の未来を考えるのであれば親がすべき事の一つでもあると思います。オススメの会社はソニー生命、アフラックが有名です)
返戻率が100%を超えるタイプや、トータル的にお得なものあります。
数多く見比べて検討してください。

こちらに保険会社別の学資保険が紹介されていますので、是非参考にしてください。

Copyright(C) 子供の将来を考える All Rights Reserved.